YUKA's EYEs
La Compagnie A-n(ラ カンパニー アン)代表 明樹由佳(あかぎゆか)…育児女優の過剰な毎日。

夏休みの終わり

もう少しで帰京。「どっか行きたいとこないの~?」「おうち。」そんなやりとりを繰り返しながら、田舎で10日余りをだらだら過ごしている。思えば、贅沢なことだ。娘は一日中私といられて嬉しいらしく、わんちゃんみたいにくっついている。88になる、亡くなった母の兄が入院するというので、駆けつける。母の長兄夫婦、母の妹夫婦もやってくる。食べられないので、入院するのだが、認知症の症状も若干。母方の兄弟は、夏に冬に必ず集まっていた。今は半分以上亡くなり、遠出はつらそうだ。昔はつまらなかった昔話や近しい人の近況を聞くのは、楽しい。娘は退屈してたけどね。お正月に元気で会いましょうと痩せた叔父の手を握って別れる。年をとると、別れる時は、これが最後かな、と思う。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yukaseyes.blog24.fc2.com/tb.php/1403-4b6723d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。