YUKA's EYEs
La Compagnie A-n(ラ カンパニー アン)代表 明樹由佳(あかぎゆか)…育児女優の過剰な毎日。

桜が咲いてるよっ


転倒して、骨折した叔父のお見舞いに。まだ車椅子に慣れなくて、大変そう。父の車椅子も押すけど、いまだに緊張してドキドキします…。帰宅して、父の介護の担当者会議。障害者施設の方、ケアマネージャー、介護タクシーの社長、デイケアセンターの担当者、社協の担当者、介護グッズの会社の人、たくさんいらっしゃいました。介護の内容が変わる度にこのミーティングをやるんだそうです。知らなかった~。大変だろう。介護必要な方全部にやるんだよ~。もっと実質的なものに出来ないのかなぁ…。父がお世話になってる方に会えたのはよかったけどさ。
スポンサーサイト

讃岐弁ばりばりで


大学以来会ってない友人が訪れました。今は精神科医になってる同級生。娘と近くの公園まで連れてってくれました。ばりばり讃岐弁で話しました。いやぁ、30年近い年月はあっという間に越えるね。4月初旬に福島に手伝いにいくそうです。

桜の蕾めっけ


ユニセフが被災地に送る本を募集しています。0~14歳対象の絵本、児童書、紙芝居、読み聞かせの出来るもの(新品か傷みの少ないもの)。108-8607 東京都港区高輪4-6-12 日本ユニセフ協会 「ユニセフちっちゃな図書館」係 4/5締切 問合わせ 03-5789-2011(平日9:00~17:00)

うどん屋で

バイトしました。姪に紹介してもらい、週末だけ使ってもらえます。うどんは讃岐人にはご飯でもあり、おやつでもあり、私も何千食と食べてきたと思うけど、裏に入るのは初めて。トッピングやお寿司、おかずやおでん。品数が多くて大変だけど楽しかった。ささやかだけど、ここのバイト代は東北に送ります。働ける私は頑張って働こう。昨夜岩手の友人とメールを交わす。生々しい避難所の話し。仮設住宅に移れたら、讃岐うどんも送ってほしいとのこと。いくらでも送るで~。

娘とお勉強


車イス障害者フリークさま、書き込みありがとうございました。HPお邪魔しました。川柳の方は携帯で見られず…。また是非いらしてくださいね。携帯からレスが付けられない私。しかし、そんな事も、あと少しで改善されるはず。田舎に帰る前にPCを購入。(何年ぶり!?)しかぁあし!田舎ではインターネットに繋げず、Yahooでアドレスをとったために、メールも出来ず、「光の工事は1ヶ月待ちです。」とNTTに断られました…がっ、しかぁあし!Yahooから偶然電話がっ!キャンペーンで。来週繋いでくれます。教えてくれます、おうちに来て。念は通じるもんだ。

なるちえ読み聞かせ

本日なるちえの絵本読み聞かせです。
 
■3月26日(土) 19時から(入場は18時から)
■構成:成本千枝
■出演:成本千枝 &ゲストはミュージシャンの中島祥さんです。
■会場:荻窪/教会通り ちゃぶ久 cafe
■住所:杉並区天沼3-26-14 (荻窪駅北口より5分)
■料金:無料(飲み物をご注文下さい。会場の募金箱にいくらかでもご協力下さい。)
■ご予約・お問い合わせはちゃぶ久へ 03-3391-7893
今だからこそ、ほっこりしにいらして下さい!

うえっ

昨日、東京の友人にオムツを送った。今手に入りにくいのだそうだ。こちらのスーパーでも、オムツ、水、乾電池などが品薄。気仙沼、陸前高田の友人とやっと連絡がつく。よかったぁ。今日は大目眩で嘔吐。立てずに暫く板の間に横たわる。ああ、被災地の方はこんなに寒いとこで過ごしているのだな。善通寺の宿坊が被災地の方を二年めどで受け入れることに。

本をいっぱい借りてきた

父の薬を取りに、食材を購入に町まで。新しいケアマネージャーさんと、ちょっとトラブル。姉がクレームを出したので、謝りにいらっしゃる。介護のシステム、難しいね。色んな人が絡まっていて。こういうところもコミュニケーションが大切だと思うから、親しくなろう。システムで止まってちゃ駄目だよね。姪に乗っけて貰って、図書館に。ペーパードライバー教習、受けようかな…

ナズナが満開


ゴミを捨てに、田んぼの中の集積所まであぜ道をガシガシ歩く。娘はいとこと遊びに飛び出して行った。姪は19歳。人生の春だ。まぶしいぞ。娘もいずれ…。若さの勢いみたいなものは止められないね。東京へ飛び出して行った私を見つめる母と、自分がしばし交錯。父と炬燵でぼつぼつ会話。これも、よし。

今何を思う


娘が行きたいというので、近くの四谷シモン人形館へ。どんな思考を辿ってこの人形たちは生み出されたか。そしてシモンさんは、多くのものつくる人たちは、今何を考えているだろうか。二度目の訪館。管理のおばさまと娘は仲良し。父の介護認定が変わり、充分な介護が受けられなくなったので、自立支援(障害者手帳を持っている人が受けられる)のほうで、介護を受ける事に。ケアマネージャーと面接。隣に住む福祉士の姉に任せっきりだからな、いつも。姉は後見人も務めていて最近は大忙し。もっと頻繁に行き来するようにしょう。

香川です


香川で娘の撮った写真。放射能がこわくて、学校を休ませ実家に避難。20年後、27歳で娘を癌にしたくない。私自身も地震のあとから動悸が治まらず、ひょっとしたらもう東京には戻らないかも、と結構思いつめてうちを後にした。うちも片付け…旦那には割とあっさりと、でも「安全が確認されるまでは帰ってこないほうがいいよ。」と送り出された。数日して、やっと冷静さを取り戻した。こんなに離れても、不安は不安。東京には大切な人たちがいっぱいる。いや各地に。各国にか。今まで安全だと思っていたことが幻想でさ。開いて、見てしまったことは、なかったことにできない。


凄い金魚

土日受けるはずだった心理学の講義がなくなってしまったので、自宅の高いところにあるものを整理したり、額縁からガラスを抜いたり。落ち着かなくて心がウロウロ。なるべく一緒にいた方がよいだろうと、旦那が舞台監督をしているラッパ屋「凄い金魚」を見に娘と座・高円寺へ。昨日は休演だった。照明の確認をし、俳優たちはセリフを舞台でチェック。ほぼ満員。夢中で見て、芝居の間は怖さを忘れる。終演後、明日の対策について、緊迫した楽屋。

知人より

先日、お知らせした鎌仲監督の映画「ミツバチの羽音と地球の回転」http://888earth.net/index.html
では、スウェーデンで躍進している電力会社パワー&カルチャーの取り組みが紹介されていて、この会社、元は書籍のネット販売の会社で電力自由化がなされているスウェーデンで、新規参入し、自然エネルギーだけを売ることで顧客を開拓し、業績を伸ばし、省エネのシステムも売って、更に、儲けているそうです。
この省エネビジネスが驚きで、最高で、90%(!)削減出来、業界ナンバーワンの省エネシステムだそうです。(9%じゃないですよ、90%カット出来る!熱交換装置で、90%の熱を転換するそうです)
鎌仲監督が驚きながら、電力会社自らが電力消費量を落として経営が成り立つのかと問うと、省エネそのものを商売にしている、大きな施設のエネルギーコストを減らすことで(そのシステムを売って)もっと儲けている、との答えでした。こうした取り組みが日本で既に始まっているのか、これから開拓されるのかは判りませんが、いずれにしろ、首都圏の電力大量消費のため、福島の原発周辺の人々が危険にさらされてきたのですから、私達は、その恩を返さなければなりませんし、企業が省エネに取り組むのは、これから生き残っていくために必須の要素であることは間違いありませんから、共に、切磋琢磨して、がんばりましょう。
(あと、六ヶ所村の風車から東北電力の送電線を使って東京に住宅4万軒分の電気が送電されるようになったことも映画では紹介していて、風車は材料さえあれば、4日で建設可能とのことなので、首都圏で風車立地に向いている自治体があれば、是非、東京電力に売り込みましょう)
 
また、民主党さんにはマニフェスト通り、世界の常識に合わせて、「自然エネルギーの発電コストに応じて買取価格を決める」「全量買取」を早く推進していただきたいものです。(民主党に投票した方々、議員さんへの働きかけをよろしく)
 
 

no title

地震の被害がひどくて、何が言えるのか、何が書けるのか、何も出来ることが、まだみつかりません 。亡くなられた方のご冥福をお祈りし、行方不明の方が一人でも多く見つかりますように。岩手の友人には連絡がつきません。稔、どうか無事で。東京でさえ不安で、目眩再発です。情けない…。しっかりしなきゃ。

シングルマザーズ

二兎社観劇。私にはママ友がたくさんいる。保育園のママは働いていて、励ましあって六年過ごしたので、小学校で離れても心配し合う。子供を見合っている友人とは、「わ~。もう、み~んなで子供育てて行こう!」て言いあってる。わ~の部分は、多分に混乱が含まれているが…。そして、彼女たちの多くがシングルマザーだ。色々あっても、そう逞しい。少なくともその部分を見せて生きている。リアルな彼女たちの本音トークと、シングルマザーの現実。そして、見え隠れするのは、普遍的な愛の問題。シングルでなくても、夫との、妻との間に息苦しさを持っているものではないか。自分自身の問題もあるしね。見たことのある情景に笑いつつ、胸も詰まって、トークショーまで堪能。

どらえもん

どらえもんて、ドラえもんて書くんだね。よく見てるけどわかってないことは、意外と多い。よかったのよ~、ドラえもん。泣いて、横見たら、娘も(ノ△T)こんなんなってて、笑っちゃいました。娘はドラマ見てても、結構泣きます。泣きどころみたいなのは、作られてるだろうけど、それで娘と共感出来るのは嬉しい。

春めいて


ふぁあああ~、お腹いっぱいだぁ。ダンスレッスンの後、事務所の中根さんとランチっ。娘を迎えに行って、これからどらえもんの映画に行きます。こないだ娘と色々話すことがあり。母親として自信のない私ですが、以外と評価は悪くなくて、ほっとしました。でももっと遊んでほしいらしい。ごっこ遊び苦手なんですよ、私。なんか頑張って疲れちゃう。でも試しにず~っと遊んでたら、意外とラフなもので娘は満足。なんだぁ、こんな感じでいいんだぁ。自分の中のスイッチを変えられると、踏み出せることはいっぱいありますね。

ライブ

3月6日 Cafe Gallery Musashino にて、絵本とジェストダンスのプチライブ。Cafe Gallery Musashino は写真家のNokoさんが、気楽にクリエーターが集える場所に、と開いたカフェ。飲み物やケーキ、そして今回は特別メニューのパフェを作ってくださり、ママや子どもたちは、パクつきながら見てくれました。いつもはNokoさんの作品や、デザイナーの息子さんの作品が飾られている壁に、イタリア、アルベルベッロの美しい街並み(photo by NORI http://noriphoto.syncl.jp/)テーマを‘旅すること’にしてナルチエと構成しました。でも‘旅’っていろんな意味があるなって、作ってて思った。時代も越えるし、自分の人生のある瞬間でもあるし、戻ってくることも含めて旅だし…。終わったあとは、遠くから来てくださったお客様と話したり、ママ友と話したり、NORIさんと話したり~~~…

雪だぁ

雨だと思って出たら、外が真っ白。美し~い。カフェのライブ、無事終了しました。お母さんと子どもたち。楽しんで頂けたのでは。さ、次は上野ストアハウスのオープニングイベントに向けて、稽古していきましょう。さっ、その前にバイトね。マンハッタンバーガー、作るよ~。

久しぶりの

いやぁ、10年近く会っていない、四季の同期に会った。四季のオーディションの日、電車の中で出会い(そのときの彼女の姿は、今でもはっきり覚えている)、私にとっては特別な人なんです。いろんな時間のあとで、今こうして出会うのは、きっと意味があるね。変わらぬ、はじける明るさと、透明な声。

雛祭り


四季の「サウンドオブミュージック」を見てきました。オリジナルミュージカル「GIFT」でご一緒した、木村泰絵ちゃんが出演しているのです。初めて会ったときは小学三年生だったかなぁ。来年は中学生かぁ。もう子供たちが出てくるだけで、ニコニコしちゃいました。お母さん満足。そのあと、6日のライブの会場で 、最終打合せ。NORIさんの写真が展示されていました。イタリア、アルベルベッロの街並み。http://noriphoto.syncl.jp/ この空間でやるんだなぁ。

下北ランチ


耳鼻科で花粉症の薬をどっさりもらい、下北で小峰公子さんとランチ。娘に本を買ってくださった、とご連絡を頂き、久しぶりのデート。妊娠したときもこうやって話したなぁ。出産のとき、病院にいてくれたのも、水木さんと公子さんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。