YUKA's EYEs
La Compagnie A-n(ラ カンパニー アン)代表 明樹由佳(あかぎゆか)…育児女優の過剰な毎日。

栗原さんとセッション


時間のある時にセリフのスキルを上げようと、オリジナルミュージカル「GIFT」で演出をしていた栗原崇さんとセッション。長~いモノローグに挑戦だぁ。大好きな台本があって、それを。まずやってみて、分析をして、要素を足しながら三時間。あっという間だね~。思ってもない状態が訪れて、だから芝居はやめられません。栗原さんとは何度もご一緒しているので、言葉が届きやすいのかな。あ~、深く楽しかった。私の中で生きた、その役を道連れに春めいた道を帰ろう。

スポンサーサイト

ランドセル来ました

バレエ終わって、いつもお世話になっている友人を招いてランチ。セルフサンドイッチにしました。子供に好評。友人は経済学の研究者。今は母子家庭の自立について研究しています。旦那さんは福祉学の研究者。保育行政について、私とは立場が違ったのですが、話しを聞くと、なるほどと思う。う~む、どこでバランスをとるかが難しいのか…。色々勉強になりました。多忙な彼女はもうすぐ三人目を出産します。尊敬してしまう。

麻布十番へ


昨年の暮れに亡くなった、書道家 中野翠蛙先生の墓参りに麻布十番へ。賑やかな界隈にあるお寺。先生らしい。アンの初期、ロゴを書いていただきました。地下の小さな墓所に眠る先生と奥様の骨壺。扉の前で娘は「もう会えないんだ~。」とワンワン泣きました。また来ようね。先生絶対喜んでるね。

春を呼ぶ会


娘が書いた春を呼ぶ会の絵。娘はシンデレラの魔法使いの役をやりました。工夫して笑いを取り、それが嬉しかったようです。ばたついてます。小学校の保護者会があり、色々と買い揃え、同じ小学校に行く父母と作戦を練り、卒園式にやるお芝居の稽古が始まり。ふ~。絶対引っかる、と思っていた胃癌検診はなんでもなく、ついでに受けた乳癌検診は引っかかった。精密検査に行かなきゃ~。

飛び回る

100213_1701~01.jpg
学童についての講演会に行き、少しイメージがわきホッとする。衣装を返しにわざわざ来てくれた真梨恵ちゃんとお茶。真梨恵ちゃんは娘に似ていると評判です。アンには去年二回出てもらいお世話になってます。娘は真梨恵ちゃんの携帯に夢中。夜はママ友のうちで、卒園式後の行事の作業&打ち合わせ。

親指こぞう

100213_0804~01.jpg
キャラメルの西川さんに、凄く薦められた芝居を娘と見にあうるすぽっとに。一人づつ寄宿学校みたいなベッドに寝て、お姉さんの読み聞かせを聞くのだが、声も変容するし、いろんな声や音が聞こえてくるわ、部屋が揺れるわ、あ~怖かった~。しかし、語りが上手かった。こましゃくれた子どもは、時々目をあけて覗いてしまいました。見事な一人芝居でもあったな~。

さむっ!

100212_1559~01.jpg
山が雪に煙っております。さむっ。私は今相模湖にいます。高尾の先ね。ピア・グループの学習のために月に一回通っているのです。私が勉強しているプロセスワークは、理論だけではなくカウンセリングが出来るように実習を重ねていくのですが、学生三人でピア・グループを作りいろいろ学習していきます。他の二人はすでに臨床の場を持っている方たちなので、まだまだ私は聞き役です。どちらかがクライアントと、どちらかがカウンセラーになって、実習をしたりもします。見立てや、あと引き出し方?みたいなのもあり。なるほどなるほどと思いながら見ています。私は自分の仕事にプロセスワークのテクニックを使いたいと思って入学したのですが、人間を扱うものは奥深く、ほんとに面白い。

きよちゃん

昼間の作業がなくなって、娘とだらだら。夜は久しぶりに清木場直子が遊びに来た。只今整体の勉強中。水木さん、私で実験台にしていただく。四方山話し、恋の話しに花を咲かせ(私はもっぱら聞いてるだけだが)こんな時間もいいね。アンの話しもちょっとしたけど、多分あのくらいで清ちゃんにはちゃんと伝わっている。アビニョンのハードな旅をした、あのころに戻るというだけなのだ。

燐光群

100209_1751~01.jpg
友人と近くの中国茶のお店でランチ。身近にいてもなかなかゆっくり話す機会はないもので、大切な時間。人としっかり付き合いたいと最近とみに思う。別れて吉祥寺シアターに燐光群を見に。贅沢な客席。隣と距離があいているだけで、かなり自分のイメージに沈むことができるだなぁ。疾走感のあるステージで、なんだか豪華な客車に乗っている気がした。一人芝居としてかかれた脚本を多くのキャストが演じることで、男性でも女性でもあった人物が一層多面的に見えて翻弄される。キャスト、スタッフにゲイの人かたくさんいる現場にいたとき、妙に自由を感じたことをふっと思い出す。物事は常に流れる。しかし人は切り取ってしか認知出来ない。事柄としての真実などないのだなぁ、と思う。人にも歴史にも。私たちは何をすくいとろうとしてあがくのか。

ありがとうございます!

100209_0802~01.jpg
本物です。アンの制作をしてくれている恵美子さんは、看護士さんです。昨日のミーティングで、娘に頂きました(娘がおねだりしたんですが…)。本当に聞こえるよ~。心臓の音。自分の心臓の音、初めて聞いたよ。いやぁ、いとおしいもんですな。出産前に娘の心音を聞いていたときの事を思い出しました。わたしもだれかのむすめです。

ラーメンが食べたい

100206_1036~01.jpg
さむっ!強風で電車が遅れてます。午後、アンのワークショップの講師を勤めました。今、月に一回の開催です。私が講師の場合はジェストダンスのWSですが、昨日は俳優ではなく、会社にお勤めの男性の参加があり、私も新鮮でした。人の身体は本当に豊かだなぁ、と思います。修了後、娘をピックアップして旦那が舞台監督をしているONEOR8を見に。いやぁ、田村さんの演出は見入ってしまいます。ひとりの人の中に、いかにいろんなものがあるか…、色々見えてきてゾクゾクします。ワンオアの皆さんとは去年海水浴に行ったので、娘は楽屋で調子に乗ってました。すいません…

自分を捨てちゃいけない

小学校に向けて、夜はなるべく家を空けず、娘の就寝時間を早めに変えようと努力中。しかし、諸々なかなか上手くいかなくて、イライラして娘に声を荒立ててしまうことも。八つ当たりだよねぇ、本末転倒なんだよお。娘に謝って、「いいお母さんになりたいんだけど、上手くいかない。いつも優しくして、お家のこともちゃんとやりたいんだけど…。」それで、あなたにキツい言い方になってしまう、と言ったら。「いいんだよぅ。ママが働いてるの見るの好きだもん。自分を捨てちゃだめぇ。」「自分を捨てるってどういうこと?」「えっ?自分を嫌いになっちゃうこと。」ふ~ん。子供はなんでも知っている…。

新しいスタートを

バイト先にはいろんな人がいるよ~。中国の人も、韓国の人も、ネパールの人もフランスの人も。日本人だけど、シャイに話す女性がいて、話してみたら5ヶ月前に日本に帰ってきたばかりで、それまではず~っと英語圏にいたそうだ。今小学校の英語教諭の資格に向けて勉強中だとか。そのうち、娘がお世話になるかもしれない。英語でしゃべると人格が変わります、といってた。そうでしょう、そりゃあ。水木さんとゆっくり話すことがあり。同じことを考えてた、というのは面白い。夜、下山する夢をみる。娘を伴って、ターザンのように木の枠で出来たロープウェイの枠組みみたいなものを降りてくる。娘がすべったら、抱いて落ちようと思っているんだけど、死なない気がしている。そして無事下山。「ああ、初めて、ちゃんと降りることが出来た。」と思っている。

が~まるちょば

100203_0645~01.jpg
娘を連れて、が~まるちょば のパフォーマンスに。産後、指輪ホテルのパフォーマンスをしたときに、面白い二人組がいるよ、と初めて名前を聞いたのでした。別の日のゲストだったのかな。今は子供番組にも出てて、娘が見たいとチラシを持って来たのです。いやぁ、面白かった。良質のパフォーマンス。おじさん達も腹を抱えて笑い、楽しんでいて、どの世代にも楽しめるって凄い。海外でのフェスティバル参加も多く、今回は銀河劇場だったのですが、さすがあっという間に観客を盛り上げましたね。クオリティの高いパントマイムを織り交ぜて共感の持てる物語が進むのですが、ここぞというとこでユーモアも忘れない。私が一番印象的だったのは、物語の中と、カーテンコールでカツラを脱いだ彼らの顔が全く別人に見えたこと(メイクはしてません)。物語中、いかに見事に私を連れていってくれていたか、と舌を巻きました~。

CPって

バイト。休憩から戻ってマネージャーにポジションを聞いたら「CPだよ(ニヤリ~。」?。「CPってなんですか?」「カウンターパーソンだよ(ニヤリ)。」え~!!!いきなりカウンターのトレーニング。私はMacにオペレーション(裏でバーガー作り)希望で入ったので~。いやぁ、しかし接客は好きなので楽しかった。タッチパネルはめちゃ遅いけどね。機械自信ないから裏にいたのに~。「いらっしゃいませ!」そして素早い対応の私はいつ見られることでしょうか(^_^;)

アーカイブ

100202_0815~01.jpg
雪~。娘は朝、目をキラキラさせて飛び出していきました。 昨日は胃癌検診を終え、アトリエでひたすら過去の舞台写真のスキャン。あと一息。先が見えてきた~。父が私の初舞台のDVDを送れというので、娘と鑑賞。私の初舞台は山梨塩山で劇団四季の子供ミュージカル「桃次郎の冒険」。動きが今と変わらず、笑った。自分の中で何か再編成されてるみたいね。亡くなって初めて、母が夢にはっきり出てきたよ。

早春の…

近所で梅が咲いていました。保育園の行事に参加。毎年早春に、アーティストをよんで子供たちに体験させます。今年はマリンバ奏者の方。そしてあとはお汁粉が振る舞われました。終わって近所の二家庭がうちに。母3人、子供4人。イヤァ賑やか。母は卒園式や入学以降の作戦会議。子供たちは娘の部屋にこもってバトル?してました。誰かが泣けば誰かが慰め…みんな優しく育っています。

ザバライブ

プロセスワークの終日のセミナーを終え、ザバライブへ。プロセスワークの理論を1日でざっとさらい、ボディワークもしたので、ちょっと疲れてたみたい…最初は乗り切れず。しかし、鶯谷の瀟洒な、しかし淫靡なライブハウスに舞う多彩な音に最後は舞い上がりました~。娘にもやっと、ザバのライブを体感させられました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。