YUKA's EYEs
La Compagnie A-n(ラ カンパニー アン)代表 明樹由佳(あかぎゆか)…育児女優の過剰な毎日。

びっくりですよ

あんなに元気だと思っていたのに、いきなりの発病です。アレルギー性(血管性)紫斑病なるものに娘がかかってしまいました。今歩行が困難なので、自宅療養ですが、私は稽古で一緒にいられません。シッター代も1日二万くらいかかります。でも腎炎を起こして入院するよりましか…。私が連れ回したせいかな、とか、夜更かしが多かったからかなとか、クヨクヨしてしまいます。長くかかりそうなので、腰を据えて治療していくしかないです。あ~。俳優を辞めることも含め、考えはじめました。残念だけど、自分より娘の方が大事だ。
スポンサーサイト

さこぴー

20090329091218
再び振付。今回、強力な助っ人が。広島のワークショップで水木さんと知り合い、今は東京で作品を作ろうとしている迫田さん。時間のあるとき、稽古場に来て手伝ってくれてます。写真撮らせて~ていったら、照れられてしまいました。振付、取りあえず全部つきました。あとは芝居にあわせて修正しつつ、固めです。

あたし

20090327220922
おざなり。どうも、創作意欲を掻き立てられなかったみたい。横から「ママ、バカみたい。」っていうのやめてくれるかなぁ。コミカルな振りをつけたんだよ。最近「バカ。」ていわれたら「そうだよ。ママは馬鹿だよ~。」といってます。「人間、愚かという意味では、みんな馬鹿だから。」ていってたら、こないだ人にいってた。ひっ! でも、自分が賢いって思って育つよりいいかな、と。ま、私はあらゆる意味で馬鹿だけどさ(^O^)

みちゃん

20090327215451
振付。美香ちゃんと真梨恵ちゃんと。毎日私が夜いないので、ちょっと我が儘させていただいて、寂しがっている娘を稽古場に同行。大人しくホワイトボードにみんなの絵をかいていました。みんな人間なのに、みっちゃんは羊。同じ干支だったんですね~。

ブラックホール

20090325225735
スリーデグリーズの二人(もう一人は私だ)、小林真梨恵ちゃんと、日和佐美香ちゃん。長身の二人が踊ると格好良いよ~。この二人が次のシーンを連れてくるんですが、アンの舞台では必ずいるキャラクター、難しいんだな、これが。二人がどう変わっていくか、すごい楽しみ。今日はやっと自分のシーンの稽古、6つの短編がからまっているので、1日一編づつくらいしかできないんですね。今日は三時間近く、松岡洋子さんとの「ブラックホール」の稽古。なかなか出来ないけどさ、ほんと稽古はたっのし~な~。

中国茶

20090325160119
衣装の白いパンプスを探していて、リサイクル屋さんで中国茶のセットを発見!只今うちでは中国茶が流行っていて、欲しかったんだけどかなり高いのですよ。聞香用の茶器も付いて、くくく、700円。娘が割っても惜しくありません。あ、もちろんパンプスも手に入れました。

振付

う~ん。午前中からうんうん考える。幕開きの振付と、あるシーンのある振り。今日は振付中心に稽古が進む。大分見えてきたぞ~。でも、アン初めての出演者は?だよね~。みんなのイメージを連れてひっぱっていくのは難しい。終わってみんなでご飯を食べに。娘預けてるから早く帰んなきゃ。でも、みんなと話したいし。のんべの(失礼!)麻衣子ちゃんと紹興酒を飲み交わす。あ~、でも帰らなきゃ~!

温泉旅行

20090324130852
ではありません。稽古中。『みんなの妊娠』の中には6編の物語があって、それが交錯して進行します。これは江戸時代の話し。時も場所も、体も越えた、いろんな物語があります。振付も同時進行中。最近は、振付を考え、必死で台詞覚えてます。ブツブツブツブツ…

衣装あわせ

教えの仕事を終え、娘を保育所から引き取って義弟夫婦に預け(ありがとうございます!)、稽古場に。衣装あわせ二日目。昨夜は予定通りチクチクしたわ。オッケー出るかなぁ。
今回、小林真梨恵ちゃんと日和佐美香ちゃんと私でスリーデグリーズなので(イメージ)、その衣装を。あ、別にスパンコールじゃありませんからっ。

20090322171651
娘の近作。楽団。最近は「大きくなったら絵描きになって、おうちに絵を飾る(美術館?)」といって、絵を描きなぐっています。なかなか捨てられなくて、今うち中に紙が…。「応援するよ。」といってあります。私が母から貰えなかった言葉だから。こないだ「ママは、何になってほしい?」。「人に優しくて、元気だったらいい。」「そうだ、なってほしくないものはある。」。「なあに?」。「 戦争をする人。」。

「みんなの妊娠」チケット発売開始

★la compagnie An創立10周年記念公演
母性シリーズ☆子宮の春 「みんなの妊娠」  アンの若手高木充子と燐光群の清水弥生氏が脚本を、西山水木が演出する、世代を超えた異色のコラボが実現!
*「妊娠」という共通のテーマを元に、数本の短編オムニバス形式でお送りします。 2009年4月15日(水)~19日(日) @新宿 SPACE 雑遊 作:清水弥生(燐光群)高木充子 演出・構成:西山水木 振付:明樹由佳 出演:明樹由佳 成本千枝 松岡洋子 樋尾麻衣子(燐光群)伊藤俊輔(ONEOR8)長尾純子 柴野弘志 イム・ヨンラン(TS COMPANY-在韓) 日和佐美香(M.M.P) 小林真梨恵(タムチック) time:4月15日(水) 19:00 4月16日(木)19:00☆ 4月17日(金)19:00 4月18日(土)14:00/19:00☆ 4月19日(日)14:00/19:00 ☆印:終演後ジェストダンスライブあり 全席指定席 受付:開演の1時間前 開場:開演の30分前 チケット取り扱い:e+(イープラス) http://eplus.jp(PC・携帯共通) 劇団メール予約 http://an-heiwa.net

チケット発売になりました~

『みんなの妊娠』の稽古に行ったら、制作の恵美子さんに「劇団員が、誰もチケット発売のことを書いてない。」とお叱りをうけました。そう。稽古に必死になってくると、大切なこと、色々わすれちゃうのね~。お客様に見て頂かないことには、なんの意味もないのにね。さて、今回は指定席です。よいお席から売れてしまいます。多くのお客様のご来場お待ちしています。

卒園式

今日は保育園の卒園式。娘の学年が、保育園の代表として、卒園するお兄ちゃんやお姉ちゃんを送ります。歌と言葉、そして手作りのクッキーのプレゼント。こうして娘たちは、年長さんになる自覚を育てていきます。そっか~。来年は卒園かぁ。

さようなら

20090319213602
「みんなの妊娠」に出演頂く伊藤俊輔くんの劇団、ONEOR8の芝居を見に行きました。シアタートップスのサヨナラ公演。いや文化祭。トップスをホームグラウンドにしていた劇団の短編の芝居が、29日まで日替わりで見られます。初めてトップスで見たのは、サンシャインボーイズだったなぁ。私も好きな劇場でしたが、とうとう 立てなかった。ONEOR8の芝居はとってもよくて、深く入り込みました。

hay fever

ひどい。体調は最悪です。点鼻薬だけでなんとかやってきたのに、う~、3日前から鼻水が止まらず、医者に行ったら、多分薬が合わなくて、頭痛いわ、朝おきられないわ。う~。う~。耐えるしかないのかぁ。

声枯れた…

アンの4月公演『みんなの妊娠』は、六編の短編が絡んで進むのですが、今日は燐光群の清水弥生さんの一編、「悪事千里を走る」のお稽古。軍国の母みたいにやって、と演出にいわれ、低い声でやってたら声枯れた。私が出るとこはお獅子みたいだそうです。う~ん、フルスイングからしか入れないんだよぉ。でも、やったことのないタイプの役なので、楽しい。ふふん。清水さんもいらして言葉を細かく変えながら進行。恵まれた現場です。

記憶力テスト

オリエンテーションが終わり、Macの店に入るのは三日目。今日はハンバーガーを作ったぞ~。Macてほんと機能的に動けるよう考えぬかれている。教えてくれる人はみんな親切。お店によるのかなぁ…。結構働きやすい。でもね~、覚えることは、い~~っぱいあります。今日無理やり詰め込んだから、これから振付なんだけど、踊ったら、こっ、こぼれてしまうに違いない(^。^;)!

なんとか

20090310172120
ウェスティンホテルでの「GIFTをあなたに」出版記念パーティー、300人近くのお客様をお招きして、盛大に行われました。司会はおおへまをすることはなく、皆様のおかげで、な ん と か、役割を勤めることができました。最後の言葉を喋った瞬間に震えがきました。ちゃんと責任を負うこと、金さんは私にこのことを学ばせるために司会をやらせたのかなぁ。こんな場を頂いて、感謝しました。パーティーは、ミュージカル「GIFT」や沢田知可子さんのライブ、金さんのプチ講演会も挟み込まれ、その場がほんとうに深い感動に満たされました。横から見ていて、手前味噌ではなく、いい会だったと思います。安心して二次会はワインを飲みすぎ、今日はちょい二日酔い。

おかあさ~ん

ものすごく追い詰められると、私は虫の夢を見ることが多い。すごく考えたり、心が動いたときは、水や家が印象的に登場する。嵐の海を渡って新しい土地に行くため、何か母の形見に持って行きたいと思うのに、思い出が多すぎて選べない。「おかあさ~ん!おかあさ~ん!」と大泣きして目がさめた。司会をするのに、不慣れな私に、金さんや沢田知可子さんが「なんかキャラ決めて演じた方があかぎさんは楽なんじゃない。」とアドバイスしてくれる。確かに役をやってるときは人前平気なのよね~。でもキャラクターは時間をかけて作り上げるものだし…。変なんだけど、今朝の夢でわかった。芝居とのリンク。「GIFT」の立ち方と同じでいいってことだ。金さんの思いの詰まった本の出版。忙しい中、駆けつけてくださるお客様に、何か暖かいものをプレゼントしたい。楽しんで頂きたい。

リハ

事務所の社長、金さんが本を出版することになり、明日はその出版記念パーティーです。私は司会を仰せつかり、(ええ、私を知ってる人はみんな「大丈夫~!?」と心配してくれる)、今日リハでした。ライブも行われるので、そのリハも兼ね。ううむ。下手だ下手過ぎる。原稿おっきい字で書き直さなきゃ。そして、いかに開き直れるかだぁ。金さんの思いのこもった本なので、頑張るのだぁ~!

五歳児

昨日頑張って自転車に乗れるようになり、得意満面の娘は、今日バレエのレッスンでふざけ、私に怒られシュンとする。私に似て、多動体質の娘は、ちっともじっとしていない。今の流行りは、うんちとおならだしなぁ。人を笑わせることが嬉しいらしく、レッスン中も友達に向かって変な顔したり、変な格好したり。怒!私は別に上手くなってほしいわけじゃなくて、努力する楽しさを味わってほしい。頑張って何か出来るようになることって(獲得するものは技術じゃないかもしれないけど)深く、楽しいことだと思うから。う~ん。これって押し付け?悩ましい。

『デュボアの場合』『 ブラックホール』

久しぶりに水木さんの演出。かなり最初から、動きも感情も細かく指定がつく。多分よそでこの演出だったら息苦しい。アンの場合は、水木さんの見たい絵が分かるので、気にならない。テクニック的に難しいので、それをこなす事に必死にもなるし。まずは点を結んでから自由になる。演出は演出家によって全く違うので、アン以外に出演するときはかなりさぐる。私の理想としては職人になること。その作品の必要とする役割(役)にきちっと入る事。だから演出家の事は心から信頼するようにしている。

座 高円寺

もうすぐ開館する新しい劇場、座 高円寺は、劇作家協会が中心になって立ち上げた劇場だ。今日は、パリのシャンゼリゼにある、ロン ポアン劇場から事務局長を迎え、レクチャーがあった。ロン ポアン劇場は、フランスの劇作家協会が運営する劇場だ。(出向して…?)2000年にフランスで劇作家協会が設立された経緯や、それまでのフランスの演劇状況など、興味深い話しが沢山 聞けた。アンも12月に座 高円寺でやらせていただく。劇場内部も見せて頂き、稽古場へと急ぐ。

派遣ねぇ

去年、派遣の登録したんだけど、今日日仕事がないね。やりたいことも多いし、シッター代大変なので、Macでバイトはじめました。6時間のオリエンテーションのあと、いよいよ店舗に。今、ポテト揚げてます。まだ手順完璧じゃないけど(おいおい…)、楽しいね。Macはなんとなく利用してたけど、いや教育とか、かなりちゃんとしてます。来週から、バーガーのトレーニングぅ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。