YUKA's EYEs
La Compagnie A-n(ラ カンパニー アン)代表 明樹由佳(あかぎゆか)…育児女優の過剰な毎日。

WS

20080730183521
劇団桃唄309の長谷さんと、富士見丘小学校で、杉並区の教員の夏期研修のため、演劇を使ったWS。午前中、私が主体で身体的なエクササイズをやり、午後から長谷さんが中心となって作品を作った。長谷さんとは視点が凄く違うので、かなり個人的にも刺激になった。受講の方々のリアクションとしては良く、ほっとする。ふぅ~。
スポンサーサイト

あかねの勇姿

20080730083617
アン稽古。冒頭のシーンを作る。水木さんが久しぶりに稽古場に来た。やってみて見えてくるものが一杯ある。長谷さんの演出は(今のところ)肝心な水滴を落としてくれるような感じ。波紋が広がって、そのシーンの意味がはっきりしてくる。面白いなぁ。写真は踊る立花あかね。

ふひっヾ( ´ー`)

バイトが急になくなったので、ピースリーディングのチラシを置きに、劇場巡り。なんで私はがぁーって、やっちゃうのかな。ふひっ。疲れた。誰のせいでもないけど。こないだアンの稽古で、雲雀の歌を稽古してて、ナルチエが歌うんだけど、鳴き声みたいなとこは私も入るかも?とやってみた。歌い終わって、私「なんか違う…」。長谷さん「あかぎさん、猛禽類にしか聞こえないから、いい。」雲雀は私の役なんだけどな(-.-)。さて!以下、ピースリーディングの詳細です。去年はあっという間に売り切れてしまいました。ご来場お待ちしています!☆☆『9条は守りたいのに口ベタなあなたへ…』非戦を選ぶ演劇人の会 ピースリーディングvol.11
日時:2008年8月25日(月)、26日(火)開場 18:30 開演 19:00 会場:全労済ホール/スペース・ゼロ(渋谷区代々木2-12-10全労済会館  TEL03-3375-8741 JR新宿駅南口より徒歩5分、 京王線、都営大江戸線、都営新宿線の新宿駅6番出口より徒歩1分)主催:非戦を選ぶ演劇人の会 特別協賛:全労済ホール/スペース・ゼロ 問い合わせ:二兎社03-5638-4587(平日10:00~17:00) 入場料金(全席指定)一般:1500円 中高生:1000円 小学生以下:500円 前売開始:7月31日(木) 前売券:チケットぴあ tel0570‐02‐9999・9988Pコード338‐459 当日券は18時から劇場受付で販売します。<あらすじ>舞台は現代の日本。ある町内に、不思議な一団が潜入した。彼ら・彼女らは未来の世界からタイムマシンでやって来たテレビ.クルーと「世間話研究家」。ある主婦の行動を未来に向けて実況中継することが目的らしい。その主婦が選ばれた理由は「憲法を世間話で語りまくった」大変
貴重な例として歴史に残っているからだ。彼女は「憲法九条を守りたい」と当然のように考えていた。ところがある日、通っているパッチワーク教室で、改憲派の生徒に詰め寄られてタジタジとなる。「北朝鮮が攻めてきたらどうするのか」「自衛隊がいらないということは、自分の家に鍵をかけないのと同じことだ」……等々。こんな時にどう反論したらいいのだろう?悩んだ彼女は、自
分の家族や「横丁のマダム」に相談したり、行きつけの美容院、風変わりな「改憲バー」などで、立場も考えも異なる様々な人たちとこの問題についての「お喋り」を重ねながら、次第に自分なりの考えを深めていく。その様子が、未来のテレビで生中継されているとは夢にも思わずに……。憲法九条をめぐる問題を、日常会話の中でとらえた「目からウロコ」のディベート劇、待望の再演!!☆作・構成:永井愛 演出:永井愛、西川信廣☆出演予定者(五十音順):明樹由佳、麻丘めぐみ、板倉光隆、大沢健、大塚道子、小杉美香、坂口良子、沢田亜矢子、関根信一、永島敏行、長山藍子、根岸季衣、平幹二朗、深浦加奈子、毬谷友子(25日のみ)、丸尾聡、みやなおこ、深山洋貴、山川恵里佳、山口馬木也、蓉祟、ラサール石井(26日のみ)、流山児祥(25日のみ)、渡辺えり(26日のみ)他☆会のホームページ http://hisen-engeki.com/◎カンパ募集中!!(一口¥1,000より)この会の運営は全てカンパによってまかなわれています。郵便振込先 加入者名:非戦を選ぶ演劇人の会 口座番号:9

金の卵の骨

20080724124647
劇団劇作家 劇読み『金の卵の骨』一回目無事終了いたしました。いやあ~、緊張した~。やっばリーディングはまだまだ始めたばかりなので、自分の寄りどころが曖昧ね。でもやんないとうまくならないしな。もっともっと挑戦したいっす。

あっちこっち

20080724124215
非戦を選ぶ演劇人の会のピースリーディングのDM作業。そのあと折込行って、夜アンの振り稽古。写真はピースリーディングリーディングのチラシ。発売は7月31日。堅苦しくないコメディ仕立て。是非ご来場下さいませ。☆『9条は守りたいのに口ベタなあなたへ…』日時:2008年8月25日(月)、26日(火)開場 18:30 開演 19:00 会場:全労済ホール/スペース・ゼロ チケット発売開始7月31日。チケットぴあにてお求め下さいませ。

かなり

20080720132619
大変です。アン9月公演の音楽を作っております。貝塚さんと工藤さん。本気になってます。「落ち込む貝塚 悩める工藤」とタイトルつけてくださいと、本人たちがいっとりました。いろいろ楽器をもちより、俳優たちが演奏するので、どこで誰が入るか、音楽 蜂須さんの指揮のもと、あーだこーだ。大変だけど、かなり楽しい。私はこの曲の振付を終わり、ちょっとほっとしましたぁ。でも私も演奏しながら踊るので…まだバラバラ…です。

金の卵の骨

劇団劇作家 劇読みの稽古が終わった。三回の稽古だったけど、私は面白かったなぁ。去年は三作品出させて頂き、目が白黒もしてたけど、リーディングという表現が実はよくわからなくて(すいません!)。去年ミュージカル「GIFT」で、役を細かく作ることにこだわり、「ゲアリーズハウス」で台詞を空間に放つことを終始要求され(これ、台詞の客観視だったと思う)、「煙が目にしみる」では、観客の息にあわせて芝居することを求められ、で今回の「金の卵の骨」に出会った。去年から、自分の中にいろんな部屋が出来たなぁと。役者してて、個人的にはこれが一番喜びだから。大内さんの演出を受けて、芝居とは違うリーディングの時の、自分の中のリアリティの寄りどころが分かった気がする。ん、いや、実は同じかもね…などと考えながら、本番頑張りまっす。☆『金の卵の骨』7月
23日(水)16:00~、26日(土)10:30~。会場 池袋シアターグリーン(BASE THEATER)

劇団劇作家

20080712225745
劇団劇作家の稽古、二回目。リーディングの稽古は三回。だから一回一回が必死だ。大内さんの演出は非常に明確だ。リーディングの演出って、リーディングに慣れてない俳優は迷うので(何をお見せするか)、難しいと思う。芝居とリーディングは別の表現だ。でも去年劇団劇作家に出演させていただいたときは、よく分かってなかった。あのあと、人様のリーディングを見て気づいたことが一杯あり、大内さんの演出はシンプルにリーディングを追求してるんだけど、私に響く。かなり楽しい。言葉で、台本を介して人とコミュニケーションする表現。自分の言葉が空間に放たれる快感と難しさよ。写真は、池内美奈子さんのWSで相手役だった矢原くん。同じ「金の卵の骨」チーム。四年ぶりの共演だ。

振付

20080706142450
朝10時から振付してみましたさっ!六時間あまり。さすがに頭ががんがんしましたね。写真は音楽の工藤ケンタさん。私たちが踊ってる横でぐぎゅぐぎゅ~んと怪しい音が。楽しみだなお。どんな音楽が立ち上がってくるのかなぁ。

梅雨も

20080706084854
そろそろ終わりかなぁ。うちの近くには、雨が降ると、カタツムリがわんさか出てくるところがあり。ある日の収穫。人参やキャベツをやると小さな塊なら、翌日にはほとんどなくなります。カタツムリって、意外によく食べる。こんなにいるとかなり気持ちわるいよ、かぁさんは…。

稽古初日

20080701222114
ラ カンパニー アン9月公演「鳥の眼~Darling Darkness~」(9月18日~24日 新宿シアター・ミラクル)、本格的に稽古始まりました。シーン稽古中の綾香ちゃん(岸浪綾香ちゃん)と貝ちゃん(貝塚建さん)。みんな、まだ固めないように、そろそろと役に寄り添い中。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。